議会での不思議な風景

友だち追加

傍聴していた時、とても不思議と感じた風景。みんな疑問に思わないのかなと思って聞いていたことがあります。それがこちら。

議長が「御異議ありませんか」と議員に対して発言
 ↓
議員の一部から「なーし」という声
 ↓
「御異議なしと認めます」と進行していく

数人が異議なしと答えたら、全員が異議がないと勝手に判断されるのか?
「ありません」では無く「なーし」と言うのは丁寧な言い方ではないので失礼な人だな(議長が丁寧な言葉を使っているのに)
・・・もしかして異議なしと発言している人は影の実力者で、その人が無しというと誰も意見が言えないのか? 等々

こんな風に議会に入るまでは考えてました。

実際はスムーズに進行ができるよう、常任委員会で図るかどうかなど事前に協議しています。
その為一部の人が「無し」と言えば速やかに進行ができるようになってたんですね^^

傍聴に来る人が少なく、僕のように告知端末で聞いたから来たという例は非常にレアなケースなのかもしれません。
でもそうした人が傍聴または交流プラザなどで映像を見たとき、上記のように感じたら議会離れにつながるかもしれません。

自分たちや仲間にとっては普通。でも新しい層にとっては異質に感じることもあります。
出来るだけ中にいるけど外の目から見てどう映るのか考えながら考えていきたいと思います。

それにしても・・・
議長が丁寧語で「御異議ありませんか」と尋ねてくるのに回答はなぜ「なーし」なんだろう?
この辺は議会用語や慣例なのかもしれないので「ありません」と言わないにしても、変に延ばさずにびしっと「なし」とか「異議なし」でいいと思うんだけどなぁ?
一般的な目線で見たらみなさんどう思いますか?
またご意見をお聞かせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください