№91 「足るを知る」思いで自分を見つめ直す。時には心のリセットを

友だち追加

ここ暫くいろんな取り組みに関わってきました。
ある程度形が見えだしてきたことから、このへんで少し立ち止まって振り返ってみます。

じつは定期的にやってるルーチンの1つ。
積み上げるときは必死にすすめるけど、積み上がったらあえて崩すようにしています。

陰陽五行が好きなのでその影響もあります。
太極図の白い部分が「陽」ですが、その先に黒い点があります。
陰の入り口は陽にあり、陽への転換は同じく陰にある。

なんというか調子が出てきたときに、意識的に自分の範囲で対応できるものを見つめ直す。
自分の手の内の中でできるものは、ブラッシュアップをかけより洗練させる。
何となくできたものは人に譲ったり、制限をかけることで自分軸を意識する。

難しい表現しかできませんが、要は

「調子に乗らず自戒しろよ」

です(^^)

でね

この言葉をしっていますか?

「足るを知る」

時々人生程々がいい、欲を出すなって意味で捉えている人がいます。これも1つの解釈とは思いますが、ぼくはこっちのほうが好きなのでちょっと紹介します。

知人者智、自知者明。
勝人者有力、自勝者強。
知足者富、強行者有志。
不失其所者久。
死而不亡者壽

老子の言葉です。足るを知るって言うのは、上の文書の黄色のマーカーの部分です。
そう、ほんの一部の話なんですね。

ざっくり説明すると

他者を理解するのは智を知る者であるが、自分を知ることはもっと優れた智を持つ者である。
他者にうち勝つためには力が必要だが、自分に打ち勝つにはもっと強い力が必要だ。
満足を知ることが豊かな人間の証であり、それを続けられるものはそれだけで目的を果たしている。
自分本来のあり方を忘れないことが長続きする秘訣である。
死にとらわれず、道に沿ってありのままを受け入れることが本当の長生きである。

調子に乗らず足るを知り、自分本来のやりたいことを志に沿ってすすめていく。

みなさんもなにかのタイミングで、一度フラットにしてみると人生を歩くのが楽になりますよ。

ぼくはこうやってフラットを作り上げています。

  • 普段しないようなことをやって慣れと惰性をリセットする。
  • 昔好きだったものを改めて見聞きする


よかったらやってみてください。
今回はこれを聞きながら明日からの再起動に備えリセット中。

2件のコメント

いつも楽しく拝見しています。

老子の解釈の部分に感動です。
何度読んでも泣けますね。

コメントありがとうございます。
ほどほどでいい、もうこれでいいじゃんと捉えがちなこの言葉。腹八分目という言葉もありますが、これはもっと深い言葉だったりします。
ぜひプラスに受け入れてみて下さい(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください